痛みなくいぼを除去!手術は怖くない【負担なく受ける事が可能】

最適な治療方法で行う

カウンセリング

的確な方法で綺麗に除去

美容整形外科に相談すれば、最適な方法でいぼの除去手術を受けることができます。そのためには、最初にカウンセリングでどのような手術方法で除去するのが一番なのかを医師に確認され、十分に納得してから行うと後悔することはありません。皮膚科での治療は凍結凝固療法が一般的です。しかし、この方法は綿棒の先に液体窒素を付けて患部を低温火傷させる方法であるため、痛みがとても強く仕上がりも美しくはありません。そこで痛みをあまり感じずに仕上がりも綺麗にしたいというのであれば、美容整形外科でレーザー治療を受けるのが一番でしょう。レーザーの種類も、美容整形外科によって様々な種類の機械が用意されています。炭酸ガスレーザーの場合、ピンポイントでいぼの部分だけにレーザーを照射することが出来ますので、周囲の皮膚を傷つけずに治療することが可能です。また痛みを感じやすい方の場合、あらかじめ麻酔をした状態で施術を行えば痛みを感じずに治療を受けることが出来るでしょう。いぼの状態が大きい場合は、美容整形外科では電気メスを使用した治療方法もあります。通常のメスを使用した場合よりも痛みがあまりなく、出血もほとんどありません。また皮膚への負担があまりありませんので、仕上がりも綺麗になりますので、顔など目立つ部分の施術に適しているでしょう。美容整形外科でいぼの手術を行う際に気をつけたいことは、やはりクリニック選びは慎重に行うということです。色々なクリニックがありますので、まずはカウンセリングでどのような治療方法で手術を行うのかをよく確認してから行うようにしましょう。炭酸ガスレーザーや電気メスを使用した治療方法が一般的に美容整形外科で行われる方法ですが、いぼの状態が大きい場合は、切開手術で患部を切り取り、糸で縫合する方法も行われます。美容整形外科では多少治療方針が違うことがありますので、どのような方法がもっとも最適かどうか自分でもいくつかのクリニックでカウンセリングを受けてから判断されるとよいでしょう。手術後注意したいことは、いぼを除去した後は、皮膚が弱い状態になっていますので、紫外線を避けることや、洋服の摩擦などで患部を刺激しないことが大切です。ダウンタイムは1週間ぐらいですので、除去部分はテープなどで患部を保護する必要もありますので、医師の指示にしたがって患部を大事に保ちましょう。手術後にはメイクは患部を避けて行うことや、洗顔や入浴は当日から出来ますがなるべく患部を刺激しないように清潔に保つ必要があります。除去後の傷跡は数週間から数か月経過すると皮膚が盛り上がってくるため、周囲の皮膚と同じような状態に近づいてきます。傷跡は時間の経過とともにだんだん目立たなくなるでしょう。

Copyright© 2018 痛みなくいぼを除去!手術は怖くない【負担なく受ける事が可能】 All Rights Reserved.