痛みなくいぼを除去!手術は怖くない【負担なく受ける事が可能】

看護師

治療の主な方法

いぼの治療は液体窒素による凍結手術が主流で、ウイルス性の場合は何度か施術する必要があります。老人性のいぼの場合は、跡を残しにくい炭酸ガスレーザーの処置を得意とする美容整形外科で受けるのも一つの方法です。

詳しく見る

顔に触れる女性

クリニックによる違い

いぼの除去手術は様々な種類がありますが、保険適用の方法は皮膚の回復に時間が掛かる傾向にあります。早期に綺麗に取り除きたい方は美容整形外科が最適です。手術が苦手な場合は、保険適用の服薬療法もあります。希望や状態によって最適な方法があります。

詳しく見る

カウンセリング

最適な治療方法で行う

美容整形外科でいぼ除去手術を行うと炭酸ガスレーザーや電気メスなど専用の機械を使用します。手術後は皮膚がデリケートですので医師の指示を守り、紫外線を避け患部を刺激しないようにしましょう。数週間から数か月で傷跡がだんだん目立たなくなってきます。

詳しく見る

女性

複数回通う可能性がある

いぼの治療法には色々な方法がありますが手術を行うようなものの場合には感度か通う必要がでてくるので、場所やアフターフォローまで考えて病院選びをするとよいでしょう。また傷跡を残したくない場合には美容整形外科での治療が向いています。

詳しく見る

女性に多い選択肢

男性医師

美容目的で受ける施術

気になるいぼの除去手術は皮膚科や形成外科などで受ける事ができます。その中でも綺麗に取り除いてほしいという希望から、美容整形外科を選択される方も特に女性で増えています。美容整形外科は他のクリニック同様の医療機関であり、医師が施術を行います。ただし他とは違う点は、美的観点から施術を行う面です。見た目重視とも言え、手術跡を残さない綺麗で最適な方法の提案を受ける事ができます。受診の流れは一般的な医療機関と同じで電話予約し通院します。いぼの状態を検査し、必ずカウンセリングが行われます。カウンセリングでは医師から質問を受けたり自分の希望を伝えたりします。それに対して最適な手術方法を医師から提案を受け、治療内容に納得したならば同意して施術という流れになります。この際、返答を保留にして持ち帰る事もできます。美容整形外科ではほとんどがレーザー手術が行われます。いぼはウィルス性や加齢による減少など様々な原因で起こります。この除去は治療に該当し、保険適用で手術を受けられます。しかしその内容では跡が残ったり時間が掛かったりと、個人の状態や希望に適した方法がない事もあります。レーザーは保険がきかないのですが、痛みもなく傷跡も残り難い特徴があります。その為、綺麗にしてほしいという女性の願望に適している治療方法と言えます。いぼのレーザー手術の場合は保険適用外になるので全て自費になります。自由診療と言う事になるので、費用については美容整形外科毎で違いますし、状態や数によっても違います。まずはレーザーのテスト照射を行い、肌に問題がない事を確認します。問題がなければ開始ですが、1回の手術で完了の場合がほとんどです。麻酔を塗布するので痛みがほとんどなく、時間も短いので負担なく受ける事が可能です。炭酸ガスが主流なのですが、費用の相場としては1mm程の大きさで2000円から5000円程です。この他に診察代や麻酔代が必要になります。保険適用である液体窒素などは1回1500円程なので、一見すると費用は高く見えます。しかし、施術は1回で済む事や再発可能性が極めて少ない、そして傷跡も残り難い面から、費用対効果も高い特徴があります。顔や首など露出して目立つ場所には最適の方法と言えます。費用面が気になる場合は、露出の多い場所はレーザーで綺麗にして、服で隠れる場所は保険適用の手術でゆっくり治すという選択も取られています。最近では脱毛などで使用されているYAGレーザーもいぼの除去に使用されています。1度に広範囲照射でき、尚且つ肌の色素沈着も防げる新しいレーザー治療です。美容業界は進歩を続けており、様々な機器や方法が開発されています。

Copyright© 2018 痛みなくいぼを除去!手術は怖くない【負担なく受ける事が可能】 All Rights Reserved.